ホーム > コンセプト
コンセプト

コンセプト

弊社は大正15年2月、初代社長 津田市松が“合名会社 津田市松商店”として米穀卸売業を始め、関係各位にご協力を頂きながら、“昭和”“平成”の時代を駆け抜けてきました。特に、53年続いた食糧管理法が改定されてからの時代の変化は速く、弊社も“お米の専門商社”として時代に即した事業を“天下の台所”大阪の地の利を生かして展開してきました。
新しい時代“令和”の幕開けと共に、津田物産グループの体制も一新しました。今後、産地を取り巻く環境や消費地での販売環境は、社会情勢やライフスタイルの変化により、益々変化するスピードが速くなると思われます。時代に即した事業展開をする上で、『お米は生産者の預かりものであり、弊社は産地さんのお米の代理店』と弊社は産地さんのお米の代理店』と云う不易な経営理念は、津田物産グループの礎となっております。次なる節目である創業100周年に向けて、長年の伝統を守りつつ、弊社は様々な事業改革を取り組んで参ります。
何卒、今後とも津田物産グループに対し、倍旧のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

津田物産株式会社
代表取締役社長

leaf leaf

わたしたち津田物産グループは生産者が
丹精込めて作った安心・安全なお米を
“産地と消費地を結ぶ代理店”として安定供給し続けます

leaf leaf

〜津田物産グループの未来に向かってのベクトル〜

  • 津田物産グループで働く全ての従業員の豊かな生活確保

    わたしたち津田物産グループは、全ての従業員の健康を第一に考え、物心両面に豊かな生活が出来る様な企業経営をして行きます。

  • 三方よしの企業経営

    わたしたち津田物産グループは、産地・得意先ともに信用され喜んで頂き、継続し続ける企業経営をして行きます。

  • 自主的に継続的な改善・開拓

    わたしたち津田物産グループは、現状に満足することなく、社会の変化を敏感にくみ取り、常に問題意識を持ち続ける企業を目指します。
    また、自ら改善・開拓を継続的に行い、SDGsに取り組むことにより、持続可能な企業経営をして行きます。

未来の食生活を守るため、持続可能な開発目標SDGsに取り組んでいます。

私たちはSDGsに関連する取り組みにも力を入れており、農薬・化学肥料を慣行栽培の5割以下に抑えた「特別栽培米」の販売に精力的に取り組むなど、玄米・精米共に、体にも地球にも優しい数多くの商品を販売しております。

詳しく見るarrow-right

津田物産グループは、従来のお米の卸売業だけにとどまらない、
お米にまつわるさまざまな活動をしております。
お米についてのご相談をお待ちしております。

envelopeお問い合わせはこちらarrow-right