ライスフレンド 米穀卸売販売津田物産グループ

事業案内

  • TOP
  •   > 
  • 食と環境への取り組み

食と環境への取り組み

私たち津田物産グループは、米の販売を中心とした営業活動を長年行ってきました。その間、経済は目覚しく発展しましたが、その代償として豊かな自然環境を失ってきました。近年、米自体の食品としての機能性、水田の環境保全機能など、米と稲作の重要性が見直されつつあります。津田物産グループの営業活動が皆さんの健康と生活環境を守ることに深くかかわっていることを、私たちは大きな誇りに感じるとともに、この大切な米と稲作を守り、発展させることを社会的使命と考えています。米を通じて生産者と消費者が手をつなぎ、日本の食生活と環境を守る、その中核になることを目指しています。

食育への取り組み

近年、私たちの食生活は目覚しく豊かになりましたが、その一方でさまざまな問題も生まれてきています。栄養の偏り、不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、過度の痩身志向、さらに、食品の安全性の問題や、海外への依存の問題……。これらの課題を受けて、平成17年に食育基本法が成立しました。このガイドラインに沿って国や自治体などが、食に関する知識と食を選ぶ力を身に付ける“食育”を普及するため、さまざまな取り組みを進めています。津田物産グループは、“米”を扱う企業として、この食育に積極的に取り組んでいます。米を主食とした伝統的な食事の良さが再認識され、子どもも大人も健康で豊かな食生活を送れることが津田物産グループの願いです。

写真写真
食育に積極的な他の企業とも協賛して、料理教室を開催しています。旬の素材を生かした伝統的な日本食メニューの調理実習を通して、子どもや男性にも食の大切さを体感してもらえるような内容になっています。
写真写真
京都大学大学院教授の森谷敏夫先生に米穀店の店主のみなさまに「ごはん食が肥満、メタボリックシンドロームを予防改善する」というテーマで講演していただきました。
食育を勧めるリーフレットやポップを独自に作成して、キャンペーンの際に配布したり、販売店に掲載したりするなど、一般消費者に向けて食育の啓蒙を行っています。

ISO14001の取得

ISO14001は、国際的に認定された環境マネジメントシステム(EMS)規格です。この規格は、環境保護、公害防止、社会的、そして経済的なニーズを考慮に入れながら、事業活動や製品とサービスの環境にかかわる側面を、より効果的に管理するにはどうしたらよいのかという指針を示しています。津田物産グループは2003年2月よりこの認証を取得し、“環境にやさしい企業”を目指し、地道な努力を続けています。

認定書
理念

環境にやさしく、品質に厳しい生産、製品、及び、サービス活動が食の安全・安心につながることを認識し、長年にわたり培った確かな精米技術と徹底した品質管理に加え、「環境にやさしいものづくり」を産地とともに取り組み、地球環境の保全と社会への貢献を目指し活動していきます。

方針
  1. 当社での事業活動及び製品・サービス全般について環境に配慮し以下のことを推進します。
    • 生物多様性に配慮し、米の販売を拡大することで水田の保全を図ります。
    • 環境に貢献できる無洗米の商品開発・販売・サービス活動を行います。
    • 人と環境にやさしい栽培により生産された米の取り扱いを推進します。
    • 事業活動すべての領域において省資源・省エネルギーに取り組みます。
  2. 当社の環境側面に関連して適用可能な法律及びその他の合意事項、自主基準を遵守し、汚染の予防に努めます。
  3. 環境目的・目標を設定することで計画的な取り組みを展開し、自主管理・監査並びに定期的見直しを実施することにより、継続的な環境改善を行います。
  4. 環境方針は、教育・広報の実施により、全社員並びに当社で働くすべての関係者に周知徹底します。
  5. 環境方針は一般にも公開します。

ページトップへ戻る